モノが売れるしくみを知ろう

昨今

 

物が売れない時代といわれています。

 

先日も

 

うちの娘が

 

『誕生日欲しいものない』

 

なんていってました!!

 

私の時代では考えられない^^www

 

しかし!!

 

そうはいってもお小遣い以上にお金を使ってくれるのはなんでだい??www

 

結局ね

 

欲しいものがないわけではないのですwww

 

さて

うちのお小遣い事情は置いておき…

 

例えば…

 

『ケーキが売れるのはなんででしょうか?』

 

これを例題にして考えてみましょう。

 

売れるケーキとは?

 

って考えちゃうと

 

間違います。

 

売れるケーキ

 

っていう定義では、美味しさとか価格とかあれやこれやが出てくるからです。

 

多分

 

皆さんも常日ごろ考えられているのはここだと思うのですが…

 

この部分と

『ケーキが売れる』ということは必ずしもイコールではないのです。

 

わかりましたか?

 

これはね

 

『人』なんです^^

 

モノが売れるのは『人』の物語があるからなんです。

 

そこのところを理解していないと、とんでもない間違いを犯してしまいますのでご注意ください^^

 

良いですか~

 

ここ大事なのでもう一度

 

モノが売れるのは…

商品の良し悪しではなく、『人』の物語を理解しているかどうかです。

 

ケーキを買うのは

確かにおいしいケーキは欲しいです。

 

けど

 

プロがこだわっているレベルと素人が判断できるレベルは違うのです。

 

なんでケーキを買っていくのか?

 

誰かをもてなしたいとき

 

家族の誰かのお祝いに

 

もしかしたら、お詫びのしるしとしてかもしれませんね。

 

そのケーキが作る物語りをお客さまは買っているのです。

 

どうですか?

 

自分のビジネスに置き換えて考えてみてくださいね。

 

今日…

結構良いビジネスヒントあったと思いますよwww

 

 

ちなみに…

 

ホームページも一緒です。

 

素晴らしいケーキの写真より

笑顔のお客さんの写真の方が説得力があるのです!!

 

なんか見ちゃうホームページっていうのはこういうところの工夫がされているのですね^^

 

0 comments

コメントを残す