起業を考えている皆さまへ ~現役社長からメッセージ~No2

前回好評でした

『現役社長による起業に向けたメッセージ』

 

第2回は…

 

音楽制作フローリックノーツの平松久さんにお話し頂きました。

 

渡邉:平松さんこんにちわ

 

早速ですが、起業に至った経緯をお話しいただけますか

 

平松さん:はい、15年ほど前から地元イベントがきっかけで、趣味でやってきた音楽を一般の方に発表する機会が多く出来ました。

 

ただ、普段音楽に深く精通されていない一般の方々にとってオリジナルの音楽を使う事はハードルが高く、既存のものを選択して楽しむものが普通です。

 

そんな現状でもダンスや動画など著作権的にもオリジナルの音楽が必要とする場面が増えてきてる昨今、必要な時につくるには既存業者さんに発注か制作可能な方に依頼するしかありません。

 

この為には意思疎通の手順やコストなど、現実はハードルが高いことがわかりました。

 

例え本格的に趣味で始めるにも、実際に目的の現場で使える「音」として完成させるには非常に経験値が必要で難易度の高いものです。

 

そこで、一般の人でも必要のある時には、同じ目線になって音を提供させて頂く。そんな音を提供できるお手伝いをやってみよう、そしてこれを全国発信にし、いろいろな地域の方との交流もしてみたい。

 

そう考えるようになり、きちんと事業としてやっていこうと思ったのがきっかけです。

 

渡邉:なるほどですね。では当初、思い描いていたことと違ったことはありますか?

 

平松さん:「必要な人へ簡単に声が届かない」ということです。

 

特定エリアに対するターゲットの人口密度が非常に低い分野でもあり、事業として成り立たせるには国内全域に広告する必要があります。

 

現状は大きく経費もかけられないのでインターネット利用でメインに行ってます。

 

しかし、実際は必要な方へなかなか声が届かない。

(おそらくネット検索など行われてない、もしくは必要時は知り合いの方・紹介の業者さんの間で対応されている)

 

また、クリエイティブ業界すべてに関する事かもしれませんが、地域相場感覚の幅が非常に大きく、特に岡山では一般相場で話を進める事がとても難しい現状があります。

 

渡邉:確かにそういったケースではインターネットが有効ですね。
今後どうやっていきたいのかお話しください。

 

平松さん:今後の活動ですが…

 

・既存のお客さんの作品の品質・満足度向上を行うことで、楽しんでもらえる方に名前を知って頂く。
・出来る限り、イベントなどのコミュニティに参加し、顔を知って頂く。
・制作仲介業者(マネジメント・プロデュース・音響業者様など)との関係を密にしていく。

 

以上のことをやっていこうと思っています

 

渡邉:では最後に起業を考えている皆さんへコメントをお願いします。

 

平松さん:とにかく、目指す分野での交流を広げる事を重要視して欲しいです。

 

特に、競合となる相手が居たら敵対感もたず逆に仲良くなることが、後に有益にもなります。

 

仕事って、お金儲けとは言いますが、基本は信頼関係の構築作業だと思うんです。

 

常にこの先も頼ってもらえる、その為にはどうするか?という考え方で挑まれることを強くお勧めします。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

趣味が長じて今のビジネスになったという平松さんですが、昨今、音楽を趣味でやっている方はたくさんいらっしゃいますが、それをビジネスとしてやられているのは大変興味深いところでした。

 

平松さんのお話しをお聞きしていますとやはり人との縁を大切になさっている方だなぁと思います。

 

最後の皆さんへのコメントにそのあたりが出ているのではないかと思いますので、起業を考えている方にはこれを参考にしていただければと思います^^

0 comments

コメントを残す