右肩上がりの状態でないなら…

ビジネス書を読んでも、著名な経済人の方もよく言われる言葉があります。

 

『社長の器以上の会社にはならない』

会社の器と社長の器は一緒なのだというお話しです。

 

これって深いですよね~

 

実際の数字は知らないですけど、起業して5年もすればほとんどの会社が潰れているという話しを聞いたことがあります。

 

けどね

 

どんな社長だって

潰れるつもり

でビジネスをしていたわけではないですよね。。。

 

それだけ

 

ビジネスをするというのは難しいこと

という前提を忘れてはいけませんね。

 

(余談ですが…

 

最近の風潮で…

 

結構簡単に

出来るよ

なんていう人

 

おバカなんじゃないかと本気で思っちゃいます。。。

そういう人に限って…

利益が出ていなかったり…

残念なビジネスをされているのを見かけます…)

 

誰でも

 

『これはいけるはず』

 

という目論見?のもとに事業をスタートしているのです。

 

けど…

 

上手くいかない…

 

どうして?

 

なんで?

 

どうすれば良いの?

 

さて…

右肩上がりの業績の会社さんならいざ知らず…

 

そうでない会社

 

結果がうまく出せていない方

 

どうすれば良いと思いますか?

 

答えは至極簡単です。

 

もう一度書きます

 

『社長の器以上の会社にはならない』

 

今の業績は今のあなたが行っている結果です。

 

今のあなた以外の方でしたらもっと違った結果が出ているのです。

 

あなたが変わらない限り

 

結果は変わりません。

 

結果を変えたければ

 

あなたが変わるほかないですね。

 

 

0 comments

コメントを残す