インターネットを使ったビジネス手法~創業社長、オーナーの集客について~

先日おこなったセミナーでは

創業社長、オーナーの集客についてお話ししました。

やり方としてはペルソナ手法を実践したのですが…

今回はその部分は割愛します。(気になる方はお気軽にお問い合わせください)

 

 

実際にご自身のお客さま、ターゲットとなる方がどんな行動をとるのか?というのを検証したのですが…

 

その中で有効とされるのが…

 

ホームページの活用

FB、FBページの活用

アメブロの活用

ツイッターの活用など

についてお話ししました。

 

この部分を少し紹介したいと思います。

 

皆さんのお客さまが

皆さんが行っているサービスや商品を求める時にどんな行動をとりますか

 

インターネットで調べる?

友達の紹介を聞いていく?

雑誌に載っているお店に行く?…etc

 

例えば、cafeをやっていて

自分のお客さまがネットを見て調べてくる

と思ったならそれに合わせた戦略が必要なのですが…

これだけではまだまだ分析が足りません。

今回のケースでしたら

ネットで調べて

というのは実際に何を見てくるのか?まで検討します。

食べログからくると思えばそのように対策をしないといけないですよね。

 

英会話の教室をやっていて

お客さまがネットで調べてくるとおもったら

ネットで調べて何を見てますか?

ということです。

ホームページを見ていると思えばホームページの充実が最優先になります。

 

では?

犬服を作って販売したいと思って、欲しい人がどうやってそれを見つけるか考えてみたら…

ペットショップで買う

と思ったけど、

自分はペットショップに卸すわけではないとしたらどうしましょうか?

 

それはターゲット層が違うということです

 

ご自身のビジネスにあったターゲット層をもう少し深堀して見極めなければいけないですね。

 

 

 

創業社長では会社、お店、ご自身のブランドが弱いというのはネックになります。

 

『必要な人に必要な情報を届ける』事が出来ればビジネスは上手くいきます。

 

しかし

 

まだまだ信用、信頼、安心という点では創業当初などは実績もないため難しい所ではありますが、ここを工夫することで一気にブレイクスルー出来ることがあります。

 

是非皆さんもここの部分は検討してみてください。

 

 

まとめ

 

1)ご自身のビジネスのお客さまをしっかりと見極める

2)ご自身のお客さまに情報が届くようなアプローチを検討する

3)信用、信頼、安心して頂ける要素をしっかりと持っておく

 

0 comments

コメントを残す