【予備知識】値引きって恐ろしい。。。

【値引きについて】

 

商品の金額は…

 

原価+粗利(経費+利益)

 

で成り立っています。

 

売り上げというのは…

 

商品価格(原価+粗利)X売れた数量

 

になります。

 

では!!

値引きの仕組みをご説明します。

 

例えば…

雑貨屋さんで平均商品価格が¥3,000-

平均原価が¥2,000-とした場合…粗利が残りの¥1,000-になります。

1月に1000人のお客さまが来られるとして…

 

売り上げが¥3,000-X1,000人=300万円

平均原価が¥2,000-なので…原価200万円 残りが粗利なので100万円です

お店の家賃、人件費などの経費が80万円かかるとしたら…

利益が20万円になります。

 

ここまでご理解いただけましたか?

 

では!!

このケースで最近は来店数が減ったため1000人から10%減って900人になった場合どうなりますか?

 

売り上げが¥3,000-X900人=270万円

平均原価が¥2,000-なので…原価180万円 残りが粗利なので90万円です

お店の家賃、人件費などの経費が80万円かかるとしたら…

利益が10万円になります。。。

 

ここで!!

このままではいけないと…

10%OFFセールをやってお客さまを取り戻そうとした場合どうなるでしょうか?

仮にお客さまが戻ったとして1000人来られたとしたら…

 

売り上げが¥3,000-を10%値引きして¥2,700円X1000人=270万円

しかし!!原価はかかりますので…平均原価は¥2,000-のままです

原価200万円 残りが粗利なので…70万円になってしまいました!!

お店の家賃、人件費などの経費が80万円かかるとしたら…

利益は▲10万円の赤字に転落です。。。

 

たかが10%といえど…

値引きというのは『利益を削る行為』です。

 

値引きに頼る施策は長期的な展望を考えた場合、良いとは言えません。

 

これはお客さまの意識にも影響します。

次回買う時に『セールになったら買おう』という意識を持たれやすくしてしまうからです。。。

 

『利益を上げてお客さまに喜んでいただく』手段というのは必ずあります!!

この機会に一度ご検討頂ければと思います。

 

 

0 comments

コメントを残す