価値のあるサービスを提供する

以前、サービスの勉強をしていた時、ある祇園の芸者さんの本を読ませて頂き、大変勉強になったのですが…

その中で少し衝撃だったのが…
おもてなしのお話し、心遣いのことなど、きめ細かくサービスについて書かれている中で、一番のサービスとは?というところで…

値引きについて書かれていました。。。

これには結構な衝撃を受けたんですが、確かにこれは『真理』よな。と思いました。
やはり同じサービスを受けるなら安い方が良いですもんね。
価値観の違いでそんなことはないと言われる方もいらっしゃると思いますが、それは一般論ではないです。
大多数の方は同じサービスなら安い方を選ぶと思っておいた方が良いです。

では、結局は価格競争になるのか??
というと…
そういうことではないのです!!

先ほどのお話しの大前提は…『同じサービスなら…』という条件があるのです。
しかし、皆さんが行われているビジネスは必ずしも同じ条件で勝負しているわけではないですよね。

どこの商売もオリジナリティ、自社の強み、ストロングポイントをもって勝負していると思います。

結局、価格を決めるのは…

『価値あるサービスを提供しているのか?』

ということです。
お客さまがその金額に対して、価値があると思ってお支払い頂ければよいのです。

私は感動するレベルの価値を提供する価格が適正価格だと思っています。

当たり前の金額では、お客さまに感動を与えているとは言えないと思っています。
(ここでいう価格はここまでやってこの金額!!っていうサービス全体の話しです)

是非、皆さんも今、設定している価格が適正金額なのか?検討して頂ければと思います。まだまだ検討の余地のある所あるんじゃないですか^^??www

child-1111818

0 comments

コメントを残す