費用対効果は投資した金額に比例しません。ここを間違えるともったいないですよ。

例えば…

発行部数 50万部の情報誌A誌と発行部数5万部の情報誌B誌があったとします。
あくまで発行部数以外の違いはないものと想定してください。

で!!

50万部の情報誌A誌で反応が10件あると仮定した場合…

5万部の情報誌B誌で反応はどれくらいあるでしょうか??

お分かりですよね。1件もないでしょう。。。

これってね。費用対効果を『費用に比例して効果が出る』と考えてはいけない事例です。

以前、ジャパネットの高田さんが…

『なぜ同じ製品を何回も何回も流すかっていうとね。統計を取っていて7回目から注文が発生するんです』というお話しをされていました。

そうです。

人は興味があるからと言ってすぐに飛びつくものでもないのです!!

特に、昨今はインターネットで様々な情報が溢れている状態です。

1度の広告で成果が出るかというと、出る方が【マレ】なのです。

私のコンサルでも、良くお話しをさせて頂いているのは『お客さまに会っていますか?』ということ

特に起業したての場合は重要です。

起業したての場合は、お店にも自分にもブランド力はありません。むしろ皆無です。

どんなに素晴らしい広告を作ってもそれで効果が出ると期待する方が。。。@@大丈夫ですか??って思っちゃいます。

先ずはあなたが『伝える』こと

ここにフォーカスして事業を成長させていきましょう。

そんなまどろっこしいことはしてられない。一足飛びでやりたいという方!!個別でレクチャーします。こうすれば成功するという方法はありますよ^^

私も一緒ですが…資金には限りがありますので、効果の出るお金の使い方を覚えて頑張っていきましょう。

common-pasque-flower-1348041_1280