まずはじめに理解しないといけないのはここです

前回の投稿の解説になります。前回の投稿はこちら→→→起業する方に覚えておいてほしい6つの原則

今回は一つ目の…

『全てのビジネスはお客さまの問題解決』であるということ

これを本当に理解してビジネスをしている方ってどれくらいいるのでしょうか???と思うくらい、奥の深いものです。

手始めに…

『お客さまはご自身の欲求がわかっていない』ということを理解しないといけません。

これは私が良くたとえ話でさせて頂く『ドリル売り』のお話しです。

ですから、お客さまが『これをください。』といったからと言って、それを売っていたのでは本当の顧客満足が得られないばかりか、下手をしたら今後二度とお付き合いが出来なくなってしまう恐れもあるのです。。。

潜在意識にある問題を最適な方法で解決することに価値があるのです。

その時にいくら儲けたからと言って、お客さまの問題解決になっていない。お客さまの利益になっていない商売をしていたら、お客さまは離れてしまいます。

本当に怖いのは、その一人の方ではなく、その方を無くすという事は、その方の知り合い全てを無くすくらいに考えて商売をされてちょうど良いのです。

では『お客さまの問題解決』をどうやってするのか?というと…

先ずは本当にお客さまが抱えている問題を私たちがわからないといけないということです。

ここ大事

本当にお客さまが抱えている問題を私たちがわからないといけないということです。

これがわかれば、ご自身の商品で最適な問題解決を提案すれば良いわけですから皆さんは出来るかと思います。

どうやってお客さまの問題を知るのか?

これはお客さま自身も気づいていないのですから、相当しっかりとヒアリングをしないと本当のお客さまの問題はわかりません。

お客さまも気づいていない問題を発見して、お客さまにも気づいて頂き、その為の最適な提案が出来て初めてあなたのビジネスでお客さまの問題解決が出来るというわけです。

では、意地悪な質問をしますよ。
その最適な方法があなたの扱っている商材よりも他社の商材の方が優れていたらあなたならどうしますか?

これに答えはありません。

私は自分の商品の提案もするし、その他社の商材のお話しもします。その中で渡邉が良いといって選んでいただければそれに見合った、いや、それ以上の付加価値をつけて、渡邉の商材を選んでよかったと思って頂けるような商売をしたいと思っています。

皆さんも一度考えてみてくださいね^^

notebook-1207543_1280