2つ目『お金は感謝の対価』です

前回の投稿の解説になります。前回の投稿はこちら→→→起業する方に覚えておいてほしい6つの原則

今回は2つ目の『お金は感謝の対価』です。

これはそのままなので、そんなに難しく考えることはないのですが…

考えないといけないのは『値決め』です。

サラリーマンと違い、ご自身のビジネスの値段を自分でつけれるのですが、意外に残念な値決めをされているケースが多いです。

値決めをするときにどうやって決めているか?

原価がこれくらいで、他社の金額はこれくらいだから、うちはこの金額にしよう。なんてケース多いです。。。

これ全くダメダメです。

始めに戻りますよ。

お金は感謝の対価です。

その商材、サービスを受けた対価として支払いが発生するということを念頭に考えると、このような値決めにはならないのです。

価格というのは、原価+付加価値です。

如何にして付加価値をプラスして適正な価格にするか?が値決めです。

このサービスでこれだけの価値があってこの金額なら安い

ってお客さまに感じて頂いて初めて価値ある価格になると思います。

一度ご自身の行っているビジネスについて考えてみませんか。もっと素敵なサービスがあるかもしれませんね^^b

iphone-410324_1280