お店のこだわりに対して、お客さまはどこに反応するのか?

前回の記事でお店のこだわりを伝えることの大切さを書かせて頂きましたが、実は書けば良いというものではないのです。。。

実は…皆さんが勘違いしやすい所、間違えやすい所というのがあるのです!!

それは…

何を語るかで間違えます。

売り手側が伝えたいことと、買い手側が聞きたいことが、実は一致しないのです。

ではそれはなんなのか?

皆さんにこだわりを伝えてくださいと言ったら大半の方は『何に』こだわっているか?ということを懇切丁寧に教えてくれますが…実はここをお客さまは聞きたいわけではないのです。

正確に言うとここが聞きたいわけではなく、この前に必要なポイントがあるといった方が正解です。

それは…

『何に』を語る前に『なぜ』こだわるのかを語る必要があるのです。

ここ大事なのでもう一度

『何に』を語る前に『なぜ』こだわるのかを語る必要があるのです。

こだわりを語って下さいっていわれて『うちは材料のここにこだわっているんです』と説明する前に…

『うちはお客さまに健康と安全について共感して頂こうと材料にこだわっているのです』

このように『なぜ』を先に伝えることによって聞く反応率が全く変わってきてしまいます。

上手く伝わっていないなぁと感じている方!!

始めに『なぜ』こだわっているか?を語るようにしてみましょう。驚くほど反応が良くなりますよ

startup-593344_1920