これから一年間で蒔く種。その種が咲くのはその次の一年になります。先手先手で手を打たないといけないですね

先日ある社長さんとお話ししていた時に

『今後どうしていけば良いのか??』っていう話が出ました。

お聞きしたところ、

ここの所は売り上げが横ばいというお話し

業界的には売り上げが落ちていっても仕方がないので、

実質は売り上げが上がっているに等しい横ばいなんですね。

それ自体は評価されるべきことなんです。

65ef8469da682348cd1bfdc1021a380b_s

そんなことを言っていたらいつ赤字になってしまうかわからないのでこれからのお話しをさせて頂きました。

聡明な社長さんですので、私の言わんとすることに耳を傾けられて、自社ではどうすれば良いか?という課題が明確になっていったようでした。

でね

ここで問題になってくるのが…

成果なんですね

やっぱり

行ったことに対しての成果というのはすぐに欲しいじゃないですか

例えばイベントを企画したら、その動員数が成果?と捉えがちですよね

けどね

実際は違うのです。

別のオーナーにもお話ししましたが

『やり続ける』事が大切なんです。

ただし!!

どうやったら上手くいくのか?の努力は必要ですよ^^;

book-731199_1280

初めの1年は数字を当てにしてもしょうがないのです。そこの数字は当てになりません(私が良く言う7回の法則ね)

アベレージをいうのであれば、せめて1年やってみて結果どうだったか?

アベレージいくつなのか?って考えないといけないのです。

では

これから行う施策に関していうと…

『1年続けられるもの』を前提に施策しないといけないってことなんです。

いますぐ結果が欲しい気持ちはすっごいわかります。

イベントやるなら来てほしいですよね

ビジネスでやっているんだからお金にならないと意味がないですよね

けどね

長く自分の信念をもった仕事をしようと思ったら、

初めの1年で成果を求めてしまうと

『こじんまりとした成果』(目先の利益)しか上がらないんです。

でね

そこでの施策を誤っちゃうと逆に時間がかかっちゃうんです。。。

我慢するところで我慢が出来ないと大きな波に乗れません。

ご自身のビジネスに使命感をもって頑張ると決めたならしっかりと種まきをしてください。

今の頑張りは必ず目に見えて成果が出てくる時が来ます。

諦めず頑張って継続していきましょう。

tomatoes-1277845_1280